単純だけど紙の裏表をフル活用して資源節約

小学校のときも「紙の裏表はしっかり使ってから捨てよう」と先生に言われてきましたが、今私の職場でも似たようなことを実施しています。書類作成で失敗をしてしまったとき、また取引先から送られてきたファックスで不要になったものなど、片面にしか何か印刷されていないような紙は大量にストックしてある場所があります。仕事のための書類作成をする際、下書きを印刷するときにはそういった紙に印刷することにより紙の無駄遣いを防ぐようにしています。正式に提出するものには新しい紙を使いますが、下書きの場合は片面に他のものが印刷してあっても何も支障がないわけですからね。だいたい皆A4の紙が多いので便利です。

 

ISO 14001を取得している私の職場はごく一般のメーカーなので紙自体を特別使う会社ではありませんが、もしこれが広告会社などでしたら尚更色々なサイズや色の紙の節約ができそうですね、もちろんそれだけもっと紙を使っているということにもなりますが。自宅でもジャンクメールで入ってきたチラシなどはメモ用紙として活用した後に捨てるようにしていますが、これでわざわざメモ用紙を買うなんていうことはめったになくなりました。