我が社の紙、ゴミ、電気の節約について

私が勤めている会社の紙、電気、ゴミの節約に関するルールについて説明します。
紙に関しては、社内だけで使用する資料を作成する場合には、印刷ミスで使えない契約書や既に期日が過ぎている社内報などの使用済みの紙の裏面を使ってコピーするよう徹底されています。
情報セキュリティマネジメントでISMSにひっかかるので個人情報を含む紙はもちろん即シュレッダーで処分されますが、それ以外のものは社内のコピー紙用としてストックされています。
ゴミに関しては分別が徹底されている
ほか、電池については社内にあるテスターで電池容量を確認し、完全に使えなくなるまで使ってから捨てる、昼ごはんのゴミは生ゴミに関しては肥料として使えるようにする機械に投入する、というルールがあり、徹底されています。
電気に関しては、事務所のトイレの便座、ウォシュレットの電源を抜く、クーラーは27度以上厳守でお客様が来店され暑いと言われた場合のみ下げる、帰る前には消すが、事務所に誰もいない時間が短時間(2時間以内)の場合は、再度事務所を冷やすのに余計な電力を使うと考えられるので消さない、などの取り決めがされています。