私の会社の電気の節約について

最近はどこの会社も組織も電気節約する流れが当たり前になってきました。
ですが、それもやり過ぎては意味がないです。

 

なぜなら私の職場も電気の節約を名目に極端に冷房も暖房も使わないのですが、それでいくら電気代を節約できても仕事の効率は信じられないくらい下がります。

 

実際に私の職場も夏は暑くて頭がボーっとして集中できないですし冬場も寒さを我慢して仕事をやる事になります。

 

しかもあまりの寒さに指が動かなくなるほどで満足にパソコンを使えないくらいです。
また足元もすごく寒いです。

 

それでも良いと思っている今の職場のスタンスには本当に呆れます。
昔はそういう根性論が通る時代もありましたが今はそうやって無理に電気代を節約しようとして冷房も暖房も使わないようではいけないです。

 

そんな事をしていたらいくら電気代を節約できてもそこで働く人間の健康を害して逆に損失を出す事になります。労働安全衛生マネジメントシステムとエネルギーマネージメントシステムは両立しないとダメです。

 

なので私の職場みたいに我慢して電気代を節約しようとしてはいけないです。
しっかり健康を確保できる範囲で電気代の節約をしないといけないです。